ひふみ神示,日月神示

良い宇宙人と悪い宇宙人


いろいろな生き物を星たちが送り込んでいるというビジョン  


千成(せんなり)記

「ソラ情報」です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20020130164612


2002年1月30日(水)

いろいろな生き物を星たちが送り込んでいるというビジョン。

うたた寝をしていたら【ビジョン】が見える。


“最初に ↓ の写真のような色の渦巻きが見える。

次いで、いつもより少し大きい (8ミリくらい) 丸の中に小鳥や動物などいろいろなものが描かれているのが見える。

次に、2つの丸が並んであらわれ右側は1点の光がジグザグと動く。

いわゆるよく言われる UFO の光のようです。

左側の丸の中には漫画のダンボようなモノが、耳? を 鳥の羽の様にゆっくりと動かしている”

これらの意味は


「星たちからこのようにエネルギーがやってきて、生き物を送り込んでいる事をあらわします。

生き物だけでなく 【意識体 = エネルギー体】 も降りてきて、支配星の真似をして人間を支配しようとしているのもいます。

けれども支配星のように力はありません。

人間の方が力がありますので、いたずらエネルギー体が悪さ (幻聴等で命令) をするようなら直ちに  【消滅した!】と繰り返してください」

私は見えませんがエネルギー体は天使の姿やゼリーのような形、いわゆる ET の姿など半物質で一部の人にしか見えないようで、いろいろな事を言って (幻聴) きているようです。

伝えられるには、特に新興宗教の熱心な信者は神と崇めてくれるので、エネルギー体がいたずらしているのをよく知らされます。

星から伝えられていると言っていろいろ指示命令をする宗教や、アメリカ在住の人から知らされましたが TV を使って人を支配し様とする組織もあるようです。

これらはいたずらエネルギー体が声をかけたら崇めてくれるので、支配星の真似をして人間を支配して楽しんでいるようです。



mailto:slicer93@yahoo.co.jp

Ads by TOK2