高知県内各地で、クスノキやヒノキ、スギの大木が人為的に枯らされる被害が相次いでいる。

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4896   

高知県内各地で、クスノキやヒノキ、スギの大木が人為的に枯らされる被害が相次いでいる。 


千成記

何のためにこんなことを しているのか?

単なるイタズラではなさそう。


ドリルで根元に十数カ所の穴を開け、薬剤を注入するという悪質さ

高知新聞情報です。


小社会

2012年06月10日07時59分

いつごろ、何で読んだのかは忘れてしまったが、米国の初代大統領ジョージ・ワシントンの少年時代の話は記憶の底に残っている。

桜の木を切り、怒った父親に「自分がやりました」と正直に告白、逆に褒められたという逸話だ。

多くの人々の心を打った誠実な少年の話は、いまでは伝記作家の創作とされている。

それでも先年、ワシントンが少年時代を過ごした住居跡が発掘された際、桜の木の切り株を捜したのは、神話が生き続けている証しといえる。

県内各地で、クスノキやヒノキ、スギの大木が人為的に枯らされる被害が相次いでいる。

ワシントン少年はおのを使ったが、こちらはドリルで根元に十数カ所の穴を開け、薬剤を注入するという悪質さ。

樹木医の懸命の治療でも回復しなかったようだ。

神社の「ご神木」として、地域の住民らに古くから親しまれてきた大木も含まれている。

「罰当たり」というほかないが、手間をいとわない周到な手口からみて、単純ないたずらとは考えにくい。

いったい誰が、何のために…謎は深まる。

日本樹木医会県支部はボランティアの協力を得て、早急に見守り体制をつくるという。

広い県土ゆえに難しさはあるだろうが、地道な努力が再発防止につながればと願う。

むろん、警察の捜査にも期待したい。

大地に根を張った巨木は、その地域の自然や歴史などを体現したような存在だろう。

これ以上、悲しませないで。




Ads by TOK2