子供と宗教(天理教、ものみの塔)、台風

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4890   

子供と宗教(天理教、ものみの塔)、台風  


千成記

ソラ情報です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060809110632


2006年8月9日(水)

子供と宗教(天理教、ものみの塔)、台風

“ものみの塔”の宣伝に小学生を連れてきたと連絡がありました。

「小学生がインターホン越しに言うので出てみると、中年の男性と一緒で、子供をだしにして回っているようで、それを注意したそうです。

すると男性は子供が自ら来たと言うので、子供になぜ折角の夏休みにこうして回っているのかと聞くと、“悪い人は神さまが滅ぼすと言われたからこうして回っている”と。

青白い弱弱しい子供で、首の前部が赤く湿疹がでていたそうですが、嫌なことを言わされているので、子供のイシキが知らせて首を赤くして警告しているようです。

昨日の愛知県の中学教師が天理教の施設へ、だまして連れて行ったというのと同じで、判断が出来ない子供を宗教が利用するのは、 「犯罪と同じです」とソラのものは言います。

天理教の施設へ連れて行くのは何年も前から続いているそうなのに、なぜ、それをマスコミが取りあげないのか不思議です。

http://sora.ishikami.jp/letter/index.php?id=20060807230900

カルトは取り上げても、きれいな言葉でだましている宗教は良いと思っているのでしょうか?

カルトであろうときれいな言葉でごまかしている宗教であろうと、裏の世界では皆同じで、ジゴクへ行くとは決して言わないと言いながら、悪い人は神様が滅ぼす脅かしているのも全く同じです。

天理教で思い出したのが、豊田の病院に勤めていた頃、天理教の修行場?で異常になり、そのまま精神科に入院してきた若者を思い出しました。

今思うと明らかに天理教のエネルギー体に支配されたからで、その後その若者は病院とは縁が切れない状態になっていました。

カルテで病歴を知ったのですが、その若者のベットにその冊子があったのも思い出しました。

同じ病棟にもう一人の男性がいましたが、その人も若い頃に犯した罪を、同じ?施設で激しく罵られ?てか、ひどい欝になり、自分は生きている価値がないと思い込み、家族の励ましや治療の効果なく身体が固まってそのまま衰弱死されたのも思い出しました。

その他、創価学会や生長の家や大山ズミ、リツショウ佼成会、真光など新興宗教の信者さんが結構多く、宗教に入ると異常をきたすのかと、当時はおぼろげながら思っていました。

http://www.kosei-kai.or.jp/

今日も、外の階段に見たこともない一部ダイダイ色の羽の蛾が止まっていたので、駆除しました。

外宇宙の王女のエネルギー体の化身とか。

台風7号が天理に向かわず、横にそれたのは 「ホシノミナが以前に上陸しないように言っていたと言われたから」と。

8号のワイノイアは中国のリュージン消滅に。

9号の新米のアレノイアは「力が弱いので違う所へ行く」と。

http://www.tenki.jp/typ/index.html

2001年にユーノイアがやはり、中国へ行くのはリュージンが怖いからと、沖縄あたりで何日も停滞したことがありました。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20010913233554

2001年の台風

http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/l/200116.html.ja

http://agora.ex.nii.ac.jp/cgi-bin/dt/track_view.pl?lang=ja&t=
0&b=14&type=1&size=128&basin=wnp&sy=2001&month=9&number=0&ey=2001




Ads by TOK2