ルシファー

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4882   

ルシファーでソラ情報を検索 


千成記

緑(ろく)さんのメールの中でルシファーという言葉が出てきましたので、 ソラ情報をルシファーで検索してみました。


ルシファーとは、かって火星と木星の間にあった星で、爆発して現在は小惑星だけになったと言われています。又、悪魔の星と一部では言われていましたが、ソラのものによりますと、少しわがままな自分勝手なとこがあるだけと言っていました

http://sora.ishikami.jp/search/index.php/


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070713210450
2007年7月13日(金)
ケルトのマーク | イエーツ | ハリーポッター | カバラ | イギリスのリュージン、

“丸は太陽系の惑星を現し、真ん中の地球を守っています。かっては太陽系の惑星は10個であったが、ルシファーが地球を助けに追突して壊れたことを、男性がひとつの星を切り離そうとしている”絵であらわしています。
それらの惑星達はお互いに連絡を取り合い、地球を応援してきたことをあらわします。この模様に似た穀物模様があります。
http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=20
朝「案じることはありません。分身の術を使って嫌がらせをしていたのです。チクチク頭を刺激しているのは、グリッドのエネルギー体*です。(グリットの瞑想を) 見つけてくれたので皆に知らせることができました。グリッドのエネルギー体が分身の術を使って悪さをしているのです。天井に大きな金の網目が見えたのは、(グリッドのエネルギー体が) 分身の術で来ていたのです」(1昨日、天井に大きな金色の網目が見えて、悪さをするエネルギー体と知らされていた)* )グリッドのエネルギー体=昨日のお知らせに紹介した瞑想のグループ



お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070326110056
2007年3月26日(月)
【追記】巨大同時地震の意味、ヤマタイコクと能登地震、地球の動き

*)昨日、洞爺湖に行ったのですが、道中弧を描いた噴火湾を見ていたので、ルシファーの彗星がここにも落ちたので、噴火湾が出来たと思っていましたが、そうだといってきました。。
福岡県の沖ノ島にも巨石遺跡が海底に沈んでいるそうですし、オオシアマノサト、土佐湾、13港、熱海沖、アレキサンドリア沖などや、海底遺跡のある地域に一斉に彗星が落ちたようです。

【ソラ雲画像】


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070325224350
2007年3月25日(日)
能登地震 | 越後獅子 | 【地震と雲】の写真集、ルシファー | ケーシー | 岩舟 | モザイク画、

#)24日夜中突然「ミナツキサンにムウラとイトがいなくなったので、ルシファー*がやってきたのです。
地球が外宇宙や支配星に支配された (神道と仏教でイシカミを封印された) ので、(何とかしてほしいと?)ルシファーはいて座に頼まれたのです。
そして同じいて座に頼まれたので水星は大雨を降らせたのです。(火星にいた水星の原子たちが、地球に移住したと以前に伝えられている)
ルシファーの星を造っていた原子たちは、地球へほとんど彗星としてやってきたので、星の形がなくなりました」


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20061111001114
2006年11月11日(土)
イラクからのメール | 虎塚古墳2 | ウニの遺伝子 | 甌穴 | 太陽と土星など

左側の丸の数が三つふえているのは、天王星、海王星、そして木星と水星の間にあり、地球の助けに彗星として突っ込んだルシファーです。
下の長方形はこの石室を教えてくれたシリウスの現実の星と、イシキの星をあらわしています。




お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20061107222734
2006年11月7日(火)
ソラ画像 | 動物人間など

2006年11月6日寝る前日本で最初に人間が創られたとこれまでに知らされていますが、日本の場合はどうだったのか聞いて寝ました。「日本の人間はヨーロッパより少しだけ早く創られました。日本のイシジンは創った人間を早く自立させようと思いました。イシジンのニウを食べ物に変化させ、それを食べる方法も教えました。それにはイシジンが最初に試してみました」(お米はオオクニヌシが田植えを始めたとか、山彦が殺されたことを小豆で知らせたとか、ご在所岳のイシジン?が、アクが強かったのかワラビを食べて具合が悪くなったなどと食べ物については早くから知らせてきました)「仁徳 (天皇) の前の人 (天皇)は、悪い言葉でいうと、(支配星の送り込んだ) ワニの姿の人間だったのです。(現代) 動物達が、次々と立つのはそのことをあらわしているのです。(風太やアザラシのカイなど)壁画に描かれている動物人間と同じだったのです。それで人間があらわれたのは、2000年と言ったのです。動物人間が支配していたことをしっかりと描き残すために、(手稲山のイシカミは) エジプトへ行ったのです。支配星の言うことを聞きながらも、人類の本当の姿を残しておくためです。それまでは人間は動物との合いの子だったのです。イシジンが人間に移行するには、それほど大変だったのです。昔話で蛇やリューが人間になるというのは、本当にあった話なのです。そしてリュージンが生贄の人間を食べていたと言うのも本当だったのです。それで強いものに憧れ神としていたのです」明け方「3人 (イエスとマホメット、と釈迦) が同じ頃 (2000年前) に宗教の元 (教祖) となったのも意味があるのです。(3人が生まれたのは) 数百年のずれがあるように伝えさせたのが支配星です。イシジンが人間に生まれ変わったものの、あまりに人間が悲惨だったので人間を助けるために3人は肉体を持ったのです。なぜなら、人間に生まれ変わってもいろいろな星たちから意識が送り込まれていたので、人間でありながらまるで動物のようだったからです。それで人間として生きていくのに大切なことを教えるために、羽根のあるイシジンだった3人が人間に生まれ変わったのです。そのことが “人間が創られたのは2000年(位)” と言う証拠なのです。けれども3人とも地球を支配し、人間を自由に操ろうと思った支配星に狙われ、悲惨な体験をさせられました。そして人類はますます苦しめられ、助けを求める声が宇宙の果てまで届きました。それで太陽系の惑星であったルシファーの星のものが、彗星として地球に飛びこんだのです。それで地軸が移動して、海の近くが陥没し気候が激変したのです」
(AD400年ごろ?)#)先日、栃木県の読者の方が犬の夢や犬との出会いなどが重なるというので意味を聞きました。それでわかったことですが、日光東照宮の建築を指導したのが若者のシリウスで、大蛇=外宇宙の乳母などに言われるままに教えためにリューをたくさん彫らせたので、消滅に行ってほしいということでした。消滅に行ってくださったお礼か、今日も大きな犬が夢に出てきたそうです。若いイシカミに宮殿などになるように教えたシリウスの悪いもののいたことを詫びてきたようです。

#)↑を書いていると左肘にチクンと2回サインあり。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060217181745
2006年2月17日(金)
マヤ | 青い竜 | 13の暦 | 東山のイシカミ | 太陽 | 【断層雲追記】。

それでルシファーの星が彗星になり、その地域に突入したのです。
そしてそのことは途絶えていたのに、マに取り付かれた人により使われ始めたのです。
それが13の月のカレンダーなのです。
13とは、キリストの弟子の数で、かって支配星の基地となっていた月の名前をつけたのです。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051029144501
2005年10月29日(土)
地球 | バチカン | 星から来た人たち。

ヒプノセラピストで、後ろを見ると星が爆発しているのを見た、という人はルシファーの爆発のようでした。
ただ、今ではヒプノでなくても、この情報を読まれた方が、微粒子の渦巻きを見ると時々知らせてくれますが、やはりそれぞれの星から地球を助けに来てくれていると思っています。
ただ、地球は支配星に関係するイシキに支配され、地球を助けに来たけど嫌がらせをされ、これらの人々は地球では生きにくいと感じているようです。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050917090159
2005年9月17日(土)
食べ物の意味 | 月のクレーター | しばらく休憩します。

とありますが、ソラからの情報によると、嫌われモノの地球に残るのが嫌だと飛び出した原子の集まりの月に、小惑星=ルシファーの一部が合体した事になります。
ルシファーは一番宇宙の大元に隠れて協力をしていたと知らされましたが、
これは月に合体しないで小惑星で残った原子のイシキのことです。
これまでルシファーが悪者と言われてきたのは、月に行った原子の事かもしれません。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050720225303
2005年7月20日(水)
テロ | 穀物模様。

六角形はルシファーです。
今になってわかったのです。
ルシファーが一番大元と連絡をしていたのです。
支配星によって悪く言われていましたが、いつもイシキは働いていたのです。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050430235638
2005年4月30日(土)
イギリス、フランスイシカミ巡りその1 | ストーンヘンジの意味 | ロゼッタストーン | カルナック列石 | リュージン信仰。

太陽系の惑星をあらわしたそうで、一つの小さなのは爆発分解したルシファーの星の残骸をあらわしたそうです。
向かいあった平らな感じの岩は、射手座と地球で、地球は人間が平等でないので射手座のように平等* になるようにと話していると言う事でした。
ガイドが曲げた鉄線 (ダウジング) でエネルギーの流れを説明して、ある石に近づくと横に平行に動いていましたが、同行者が試すと × になったのは、これまでのガイドの説明が違うということをあらわしたそうです。



お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040930164930
2004年9月30日(木)
小惑星の嫌がらせ。      

ルシファーの爆発した残骸に悪者 (のイシキ) が集まったものです。
そして、それらがユーノイア (台風21号) に指示を与え、惑わせたのです。
何も知らないユーノイアを日本に上陸するようにさせたのです。
一部のイシカミも、大元の言葉だと間違って受け取っていたのです」


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040424090148
2004年4月24日(土)
蘇我氏とスイコ。

(AD500年代) 彗星 (ルシファー) が衝突した事で、地軸が移動し、大地震や気象の激変が起こり、人々が不安に思っている頃に、蘇我は朝鮮から渡ってきました。
支配星 (プレアデナイ) によって作られた仏教を、日本に広めるために渡ってきたのです。
支配星は、蘇我に仏教、ジンムに (伊勢) 神道という強力な知恵を与え共に協力して (日本人が古来から信じていた) イシカミをなんとしても葬りさろうとしたのです。
それで、イシカミを信じて星述べを守る物部をやっつけたのです。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040415161639
2004年4月15日(木)
地軸異常? | 井上書記官より。

それで仲間の星ルシファーが衝突して、治めてくれたのです。
その時に (地軸が傾き) 今のようになりました」

「幼い子供を残して死ぬという事は無念でした。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040307080244
2004年3月7日(日)
オオシ アマノサト(凡海郷=おゝしあまのさと)

とてつもない星 (ルシファー = 惑星R) が衝突したからです」

「空に向かって叫びました。
仲間を殺さないでと。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040301000122
2004年3月1日(月)
4本指 | オリャンタイタンボ |  地軸移動?

523年にメキシコ湾にルシファーの星 (太陽系の惑星だった) が衝突して、地軸がさらに45度傾いた。
98年にはイシキの世界! に巨大彗星が落ちたそうで、今少しずつ地軸が移動している?
(98年春に複数のチャネラーが彗星が衝突すると騒いでいたが、最後にはイシキの世界に落ちたと言われていました)


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040211194742
2004年2月11日(水)
地震雲 | 十勝沖のイシカミから生物は発生した。

あまりにお知らせを無視する人ばかりなので、 惑星R (ルシファー) はソラのモノの代表として、いて座のイシカミたちに一斉に蜂起して、南で起したような大きな地震を日本の中央でも起して欲しいと頼んでいました。
そのために知らせた雲です」

異常な雲を紹介する事に撮影者から苦情があり、お知らせを単なるエッセイとして聞き流してる (人が) いますが、色々な雲はソラのモノやイシカミなどが知らせています。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030214135852
2003年2月14日(金)
地球に衝突した彗星。

1回はルシファーで、もう一回は私でした。
私は地球のようになれなかった星でした。
星達の不満が集まって固まった星で、燃えることなく地球にぶつかって行き
ました。


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20021016003402
2002年10月16日(水)
ヒミコの娘=イト | ビジョン。

12日の三日月は下半分がオレンジ色っぽかったですが、14日の半月にはびっくりしました。 下半分の円の外周はきれいなブルーで、半月の下には三角型の濃いピンクの光がありました。歩いている間見えましたが、帰ってしばらくして見るとカラーの光はなくなっていて、普通の月に変わっていてデジカメで光を撮る事はできませんでした。12日から 【お祝いです】 とか言っていましたが、本の編集が終わりかけた事や、次の日にわかったルシファーの事などを祝ってくれたようです。ちなみに今夜 (15日) の 突然の短時間のカミナリと暴風雨も同じ意味だそうです。

2002念10月15日
【ビジョン】


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20020923220550
2002年9月23日(月)
ルシファーのクロップサークル | 続・光の模様。  

今日、とても大きなシャチのようなイルカのような (背びれがある) 雲が浮かんでいました。 口から雲が出て、あたかも何か言っているようでした。“ルシファーの姿をあらわしています” と、ラップ音と共に知らされました。最近のクロップサークルは、サークルメーカーが描いたと思われるのが多かったので、そのサイトを見ていませんでした。久し振りに見ると、8月12日にシャチとイルカをあらわしたような模様が出来ていました。 (↓参照)
まさにルシファーの姿だそうで、真中の丸は地球で、ソラのものやイシカミ達、 太陽系の惑星たちが守っているが、シャチは角で攻撃? していることをあらわしているそうです。意地悪をしているルシファーをあらわしたそうです最近、数人の方に意識の変化が起こっているというのを知らされていますが、その妨害をしているとも知らされました。

http://www.cropcircleresearch.com/cgi-bin/CCdb?d=x&y=2002&m=Aug&c=any&l=&k=


お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20020902204641
2002年9月2日(月)
ルシファー

昨夜夢うつつに 「地球神のせいで、、、」 と言うような言葉がわかりました。夕方「ルシファーの王だ。 これまで地球を応援してきたが、あまりに人間達がルシファーを悪魔のようにいうので嫌になった。確かに自分勝手なわがままなところがあるが、地球神が応援はいらないと言ってきた。これから皆のものを連れて (宇宙の大元に) 戻る事にした」
私は95年までルシファーと言う言葉は知らなかったのですが、ヒプノの講習仲間に数人、過去世を見たと話していました。その中にはUFO? で脱出して後ろを振り向くと、星が爆発していたと言う体験を話している人もいましたが、真偽のほどはわかりません。(ルシファーとは、かって火星と木星の間にあった星で、爆発して現在は小惑星だけになったと言われています。又、悪魔の星と一部では言われていましたが、ソラのものによりますと、少しわがままな自分勝手なとこがあるだけと言っていました)


ソラ辞典 : http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20070221125548
2007/2/21
地軸の移動

マヤ文明では、支配星に操られた人間により悲惨な生贄の儀式などが行われ(ソラ辞典 マヤ暦参照)、人々は極限の恐怖を感じていた。人々のイシキが、早く生まれ変わりたいと助けを求めて彗星を呼び寄せ、AD400年頃メキシコのユカタン半島に太陽系の惑星であったルシファーの星のものが彗星となり衝突した。そのときに地軸が移動して、地球の気候は激変した。
地軸の移動前(ユカタン半島の彗星の前にも何度かに亘り地軸移動した?)には、赤道がちょうど南北を通っていたので、現在寒い地域も地軸移動前は暖かかった。地軸の移動があったことを考えると、南極から恐竜の化石がみつかっているなどの謎も解ける


ソラ辞典 : http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20020611151530
2002/10/9
ルシファー2005年7月30日追記



クロップサークル : http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=272
2005/7/21
陰で助けてくれていた星。

六角形はルシファーです。
今になってわかったのです。
ルシファーが一番大元と連絡をしていたのです。
ルシファーは支配星によって悪く言われていましたが、いつもイシキは宇宙のために働いていたのです。


クロップサークル : http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=132
2002/4/21


今は小惑星になっているルシファーは霊が加わっている。


クロップサークル : http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=125
2002/4/21


小さい丸は小惑星のルシファー


クロップサークル : http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=58
2003/10/14


ルシファー(壊れた惑星)も入っている太陽系のモノたちで、地球を支え助けてきてくれました。
ルシファーは悪者と言ってきた星が支配星(プレアデス)で、地球を自由に操っていた)
半円より外側で、足で踏ん張っているのは1人?で支えてきた射手座です。
雪だるまのようなものはイシカミです。


クロップサークル : http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=20
2001/9/28


これは壊れたルシファーも含まれた太陽系の惑星の図です。
真中が地球です。
その地球にそれぞれの星から魂が来ていることを示します。
イシキが行き来しています。


クロップサークル : http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=8
2001/9/28


白色星団(ルシファー=小惑星もいる)の霊が行き来をしているということです。
両端は太陽の女と男(霊で見えない)




Ads by TOK2