カイラス山のイシカミ?

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4874   

カイラス山のイシカミ?、 2005/4/6訂正  


千成記

ソラ情報です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030313133803


2003年3月13日(木)

カイラス山のイシカミ?、 2005/4/6訂正。


「釈迦にしたのは、名のある大きな星でした。

そして、人間が4ヶ月も歩けば地球の端に到達すると思っていました。

又、人間は生まれてすぐに死ぬし、人間に生まれても生まれ変われるので、 出来るだけいろんな体験をさせようと思いました。

それで極端なカースト制度を作り、大金持ちやひどい貧乏を体験させようと 思ったのです。

それで双子の釈迦には、大金持ちの体験をさせ、 弟のブッタには、どん底の厳しい体験をさせたのです。

それを見ていたプレアデナイが、人間を支配する事に利用したのです。

プレアデナイはとことん恐怖を目で見せたり (幻視)、耳で聞かせたり (幻聴) して、人間を絶えず不安にさせました。

そして不安になった人間を救ってやるのは自分達だと、ブッタに乗り移り指導 させたのです。

また仏像や観音などの姿に変えて見 (幻視) させていたのです。

恐怖を味わせるために、実際にイシキの世界に地獄を作りイシキを支配していま した。

地獄では部下の支配星のイシキに見張りをさせ、それを2000年も続けていま した。

(1998年に支配星はいなくなり、血の池や釜などはそのまま残っていると何度 も知らされています)


地獄の様子や、現実に支配星に支配された地球を星たちも見ていましたので、 人間に生まれ変わるのを嫌がり、上から見ているだけでした。

けれども余りに悲惨な地球を見て、何とか救おうと勇敢にも人間に生まれた イシキのモノもいましたが、それらの人は悲惨な最期を迎えていました。

イシカミは、(人間の) イシキたちに交互に生まれ変わるように指導しましたので、 昔の人はその事を知っていましたが、 今の人はその事を知りません。

次に生まれる時嫌な体験をしたくなかったら、今生でどの様に生きていけば良いか自ずとわかりますが、 今の人は気づいていません。

カイラス山のイシカミは本当に悪い事を教えた、と反省しています」




Ads by TOK2