コウナイの石など

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4864   

コウナイの石など 


千成記

ソラ情報です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20031218135749


2003年12月18日(木)

コウナイの石など。

突然、先日亡くなられたUさんのイシキが降りてきました。


「私はコウナイの石を作らせたイシカミです。

“コウナイ” とは口に中に (言葉を) 留めている = 真実を発しない、という意味で私が (テレパシー) で教えたのです。

私は人間として生まれた家島のイシカミです?

(読者の) 2人にイシカミのことを教えてもらいながら、 リュージンや宇宙エネルギーで病気を治すという人に頼ってしまいました。

私は (分身の巨人に) あの (コウナイの) 岩を作らせました。

なぜあのような岩を作らせたかと言うと、一目見て自然に出来たものではないと、人間に気づいてもらおうと思ったからでした。

けれどもそれだけの形だったので、(人間の) 誰も (イシカミに) 気づいてくれませんでした。

私は仲間と共に (イシカミの身体である) 島々や岩に、目を向けて貰いたいと思い、 ゴミの島にもしてもらいました。

(豊島の産業廃棄物)


それは又、ゴミといって人間が嫌がっている原子たちを、宇宙のエネルギーで分解してあげようと思ったからでもあります。

家島のイシカミ達が、何とか人間の手伝いをしようと思ったからです。

私が人間として離島の医者になったのも、何とか人間の為に尽くそうと思ったからです。

(Uさんはドクターでした)


それで人間の為に尽くせたと思っていました。

それをリュージンに支配された人が見抜いて、私のイシキを間違った方 (リュージンや、間違った宇宙エネルギーなど) に向けさせたのです。

リュージンに支配された人が、人間の病気を一時的に治す事が出来るのは、身体を触る事により、病人の細胞はリュージンのエネルギーに騙され、一時的に催眠状態になるからです。

それで一時症状は良くなったと感じますが、しばらくして細胞が催眠から解けると、その細胞は、それ以上に気づきのお知らせをするようにとイシキから指示がでるので、再び開始するのです。

そして (人間の) 細胞の大嫌いなリュージンに騙された事に気づき、より強くお知らせをするのです」

* コウナイの岩 = 兵庫県飾磨郡・家島諸島にある岩 “天の御柱” など。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~HASSHI/tyonoiwa.htm

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/8406/sub5-1.html

2003年12月17日

*  のこぎり型の雲が14日から今朝まで日本列島沿いにあったが、その事に注目して欲しかったそうです。

なぜなら、偏西風が吹いているので、長期間偏西風に逆らって同じような形の縦向きの雲は普通は出来ない。

雲には意識がある事を認めて欲しかったということでした。

*  【イメージ】


羽衣と松。

静岡の方より見事な富士山の写真を送ってくれましたが、その富士山 (イシカミ) に意識を向けさせないために、天女と松の物語を作らせたのはプレアデナイでした。

天女は神の使いのように思われていますが、天使と同じで支配星の使いだったという事です。

以前ラダ星人に支配されたチャネラーが天使の羽衣に包まれてソラに昇って行ったと知らされましたが、情報とあっていると思いました。




Ads by TOK2