ひふみ神示,日月神示

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4859   

壁画(その2) 


千成記

ソラ情報です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030514213518


2003年5月14日(水)

壁画(その2)

洞窟の壁画で “鳥人間” があちこちで描かれていますが、それは巨人の手の平に乗せてもらって高いところから見たからだそうです。

又、頭に二つの長いモノが描かれているのは、テレパシーで会話をしていたため  “耳”  を強調したようです。

又、巨人は目を大きく描かれています。

まだ絵には描けていませんが、 大きな目の巨人らしきモノが複数描かれたのがありますが、それらは手が無く、足までの大きなマントを着ている感じのと、手のあるのが描かれていますが、巨人でも手の無いのがいた。

すなわちそれらが手を使わないで、 自分の身体を変化させグランドキャニオンの川になった。

小さな丸い石が生まれて行き、身体が変化して行ったと。

一部の巨人は指があり、極度に蛇行した川を作ったのもあるようです。

NO.3 は 巨人がうつむいた姿だそうです。

頭が下を向き、耳が2本垂れ下がっています。

首の後ろに食道? の入り口があり、線が4本はお汁 (乳) がこぼれている様子だそうです。

巨人でも服を着ているようなのは、 “人間はお腹を冷やしてはいけない”  という事を知らせたようです。

http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20030513234500




Ads by TOK2