ひふみ神示,日月神示

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4857   

ヨミの国、温泉  


千成記

ソラ情報です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030105221802


2003年1月5日(日)

ヨミの国、温泉。

2002年1月4日


「ヨーロッパの白い尾根のイシカミです。

私達は連れて来た人間 (巨人) に狩を教えただけで、他にはあまり教えませんでした。

マッターホルンは、狩のための “槍” を表わすために作りました。

モンブランとは、 “何もしない” と言う意味です。

それでヨーロッパのイシカミは、クロップサークルを描いてお詫びをしていたのです。

そして今はソラからの情報を伝えることを手伝って地球の平和のために働いています」


2002年1月5日4時30分

身体がだるくて目が覚める。


「南のイシカミです。

ミニミニストーリーです。

南の島で大きな嵐が来て村が無くなった事は、ヨミの国* と同じ体験をして貰ったのです。

(先日サイクロンの為に、オーストラリアの島で2つの島が砂で埋まったが、1000余人の人が洞窟に入り助かった?)

ヨミの国は白い霧で覆われていますが、それは肉体が分解して原子に戻り、自由になった国 (世界) なのです。

同じく白い砂は石を形作る原子をあらわしたのです」

寝る。

* ヨミの国 = 白い霧に覆われていると伝えられた。


「温泉の話をします。

温泉は、イシカミがマグマの熱で地下のお水を熱くするのです。

なぜそのようにするかと言うと、 イシカミにも命があるということをあらわしているのです」

“硫黄の意味は?” と以前聞いていた。


「笑い話です。

イシカミでない山もあります。

硫黄の出る山がそれで、地球のトイレなのです。

硫黄が出る山には植物が生えません。

硫黄は、イシカミが宇宙からいただいたエネルギーのカスなのです。

それを宇宙に返すので “S” という形の原子記号にしたのです。

硫黄の出る場所は煮えたぎっていた “地球の始まり” をあらわしているのです。

間欠泉は、地球も生きていると言う心臓をあらわしています」




Ads by TOK2