たくさんの古墳 | イランの石柱 | ペルーの遺跡

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4834   

たくさんの古墳 | イランの石柱 | ペルーの遺跡、 


千成記

ソラ情報です。

クレーンなどの重機を持たない古代の人々が作れないものが遺跡として残っています。

この不思議はイシカミの存在を認めると納得できるのですが・・・

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060823125740


2006年8月23日(水)

たくさんの古墳 | イランの石柱 | ペルーの遺跡

「古墳や巨石遺跡を人間が造ったというのであれば、実際に人力だけで同じ大きさのものを造って欲しい」と再度、ソラのものは言います。

たくさんの大きな塚も全てお墓のために人間によって造られたと今の学説では言われています。

スコップすらもなかったであろう当時に、これほど多くの塚が人工で作られたでしょうか?

農耕が出来る表土はとても浅いと言われて、現在表土が雨で流され農耕が出来なくなっている国もあるくらいで、表土を失えば農業が出来ないくらい表土は大切なのに、それをお墓のために盛り上げて造るでしょうか?

また、小山を削ってするのなら、周りを何mも削っていったのでしょうか?

学者は小さい塚を造ってそれで納得されているそうですが、人間の手で前方後円墳を作り上げたというのなら、机上の空論でなく、ひとつでも同じ大きさの巨大な前方後円墳を実際に作ってみてほしいと思います。

以前、出雲大社の巨大柱を立てる実証実験をしているのをTVで見た時、現物よりずいぶん小さい木で実証実験が行われていましたが、3本の巨木を束ねて、立てることがいかに大変か苦労されていました。

古代には1本の木の直径が約1.3mで、3本をたばね1本とした直径は約3mですが、現在はそのような巨木がないので太めの木で束ねていました。

3本束ねたのは、土を掘って石を埋めて、それで支えて立てていましたが、次のようなのはどのようにして、人力で立てたのでしょうか?

又、海外では石柱だけが何本も立っていますが、何のためにのような太い石柱を何本も立てたのでしょう?

それもとても太い石柱を人間の力だけで土台の上に立てることができるでしょうか?

これらを過去の人間が造ったというのなら、実際に石切り場から同じ太さの石柱を、手動で切り出し、丸くして均等に溝を掘って、それを土台の上に立てることが出来るか実証実験をしてほしいと思います。

かってストーンヘンジの石を切り出して運ぶ実証実験をしたそうですが、途中で沈没して実証実験は不成功だったそうですが、それに対してなんら知らされず、相変わらず人間が造ったと言明しています。

ピラミッドの巨石の積み上げも、小さな石で積み上げ、それも途中で事故になり、やめたそうです。

時間があれば出来るというのなら、実際に実物ができるか試してほしいと思います。

イシカミが競争して万里の長城を造ったというのと同じように、平行している石の塀、人間が発生する場であったのに、支配星に支配され、恐怖の生贄台になった?アフリカの石造りの狭い通路に似ている、山の頂上の石の建築はどこから石を運んだのでしょう。

オリャインタイタンポの巨石はどうして組み立てたでしょう?


http://www.brasil.co.jp/package/gallery/cuz/b3.html

この岩の意味もどこかに書いたのですが わかりません(苦笑)

要するにソラにあがるのに、色々な方法?があるということを知らせているよう です。


http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/8164/andes9.htm さんよりお借りします。


http://www.livius.org/a/iran/persepolis/apadana/marin_bahrami02.jpg




Ads by TOK2