ひふみ神示,日月神示

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO 4822   

太陽より 


千成記

ソラ情報です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030805154909


2003年8月5日(火)

太陽より。

2003年8月3日 寝る前に “冷害になると農家の方が大変なので、太陽さん出てきてください”  とお願いして寝たせいか、真夜中突然に目が覚め、とてもかすかに。


「仲良しこよしの太陽です。

太陽の気持ちを聞いてください。

(お久しぶりです、お目にかかれませんがどうかされましたか)


何もしなくてごめんなさい。

今イシカミと相談しています。

私が出ないことで大変なことになっているそうですね。

(そうです。 冷害になるととても困られる方が多くでます)


その事をイシカミの王様から聞きました。

今尚、このソラからの情報を人間たちは殆んど認めないそうですが、 その事でお知らせをしているのです。

私は意地悪でしているのではありません。

太陽の魂を持った人たちが余りにかわいそうなので、 抗議をしているのです。

ようやく晴れて自立する事が出来るようになりましたので、 こうして降りてきました?

あまりにひどく責められて* ばかりいたので、 (太陽は) 気を狂わされました。

太陽の悪い意味ばかり取り上げるからです。

真実のこの情報を人間が認めないので、 それを知らせようと思ったのです。

このことを公開してください」

(* 地0村の、0木0之さんが、紫外線の害を強度の恐怖を与えるように講演されること)

2003年8月4日夕方突然


「太陽です。

私は大人になりました。

私の一言でとても大きな影響が地球や人間にあることがわかりました。

先程、がんばったのに人間は喜んでくれないと文句を言いましたが、 (昨日暑くなったが、TVで人間は暑い暑いというばかり)

喜んでいる人 (農家の人) もいることがわかりました。

沖縄  (雨が少なく酷暑と掲示板に書き込みあり) の人の苦しみも よくわかりました。

私は仕事をやけにしているのではありません。

ソラの皆さんの言われるままにしているのです」


2003年8月5日 真夜中


「以前お知らせした、なぜ太陽が燃えているかという事は、 本当のことなので、又お知らせしてください」

<本・ソラからの伝言より>

“太陽の炎がなぜ熱いかというと、プルトニウム (などの様なもの?) の物質が燃えて気化するからです。

太陽はプルトニウムの石の星で、プルトニウムは燃えても無くならないので永久に燃え続けるのです。

プルトニウムにも意識があり、2つの働きを持っています。

一つは石に戻ろうとする働きと、もう一つは石から蒸発し様とする働きです。

地球になぜプルトニウムがあるかというと、地球を暖かな星にするために地球の中に火をつける必要があったので、太陽がプレゼントしたのです。 ”




Ads by TOK2