基本「ソラ情報」

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO3095 

癌 | カニ | 人間 | いて座 | 小鳥座 | 石像 | ストーンサークル | 石室 | 石箱 |  動物人間 |エジプトの壁画 |クラゲ  |イシジン |ソラの人間誕生記 |石像 |木像 | 石 | 石柱 |  銅鐸 | 埴輪 |イシカミ  | 地震 |シリコン | 地震雲(あしきもの)など地震を あらわすもの|風 |半分に割った岩  


タカシ記

ソラ辞典よりです。



ガン。


岩のように固くなる腫瘍。


漢字の形が意味を表している。


山(=イシカミ)のことを口が三つ(=口から口へと伝えること)をやまいだれで覆っている(隠してしまっている)ので、そのことをお知らせしている病気。


英語のcancerもカニ(ソラ生物辞典カニ参照)=イシカミを表している。



人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。


その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。



まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。



石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。



それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。


人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。


極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。


ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。


受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。


同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。



初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。


クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。



イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。


イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。


モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。


人間が発生した時、世話をしていた。


イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。


そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。


人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。


その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。


ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。


まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。


人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。


その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。



イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。


射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。


大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。


とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。


落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。


またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。


当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。



地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。


宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。


それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。


東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。


残念なことに計画がスタートしたようです。



小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。




「イシカミが山になった事を知らせる為です。


人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。


(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)


地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。


一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。


それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」


《ビジョン》


“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”

意味は


「シリコン(珪素)に意味があるのです。


珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。


自分の意志でいろいろな形になるのです。


シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。


シリコンは今も意識を持って真似をするのです。


それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。


シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。


一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。


又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。


シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」



シリコン
珪素(Si)。


岩石や土の主成分。


ICチップの材料。


イシカミ達は、煮えたぎっていた丸い地球を四角の形で降りて固めてくれ、あまりの高温のためシリコンとなった。


地球上の生物の発生は、海に沈下したイシカミが分解してシリコンになり、原子に戻るのでなく動く事の出来る物質になりたいと太古の藻となったのが始まり。


それが元となり、あらゆる地球上の生物に進化していった。


人間の細胞も元はイシカミの原子のシリコン。



シリコンは四角い構造。

面心立方格子構造。



地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。


断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。


大きな地震ほど早くから各地であらわれている。




風は地球を覆っているイシカミの思いを、地球を取り巻いている原子たちが動くことで知らせています。


北半球で偏西風は、大陸のイシカミ達の思いが日本へ行きたいという思いで吹いています。


南半球では反対に東に向いて吹くのは、南半球も西に向くと、地球が太陽系の仲間からどんどん離れるのを防ぐためです。


赤道周辺の貿易風は北半球では北東貿易風、南半球では南東貿易風になって
それぞれ向きが違うのは、地球は赤道部分で半分に分かれていることを知らせています。


それを半分に割った岩で知らせています。






Ads by TOK2