基本「ソラ情報」

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO3050 

名の無い星より | お知らせの仕方 | 読者の夢など 


タカシ記

「ソラ情報」です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20031018141049


2003年10月18日(土)

名の無い星より | お知らせの仕方 | 読者の夢など。

2003年10月18日 真夜中突然目が覚めて。


「名の無い星です。

私たちが相談しあって大きな計画を立てて(イシカミ達に知らせてもらっている?)地球を見守っています」

寝る。


「今人間社会ではイシキ (潜在意識=霊) の世界に戻りたいというイシキがとても多いのです。

そして新しい人間 (イシキを認める) として生まれ変わりたいと思っています。

それらのイシキが急いで逝こうとするために、いろいろな事故など人間から見ると悲惨なことが起こっているのです。

いわば自ら招いているのです。

人間の目から見るのと宇宙の大きな目から見るのとでは、意味が全く違うのです」

最近の悲惨な事故も見方によっては全く違う意味があることがわかります。

私も、亡くなられた方とのコンタクトを望まれてお聞きする事がありますが、想像をしていない事を言ってこられ、その事をお伝えすると安心されておられるようです。

以前にも書きましたが、もっと楽しい違う形でお知らせされないかと言うご意見があります。

これまで長い間ヨーロッパなどでたくさんの穀物模様 (ミステリーサークル) を知らせていますし、著者の住んでいた所 (豊田や北海道) でも100単位で作られてこの情報と関係していると伝えてきました。

http://ishikami.jp/sora/gazou/index.php のクロップサークル参照

けれどもマスコミは全く取り上げず、TVでは穀物模様 (=ミステリーサークル) は、科学者は単なるプラズマ説と断言し、お笑い番組としてとりあげられ、最後は完全に否定的なコメントで無視され、国民の殆んどはその事を信じきっています。

又異常気象、自然界の異常 (魚、動物、白い動物、アザラシ、病気など) 極め付きはニコガニ、火星の笑顔の模様、火星の異常接近、特に “雲の形” などで一生懸命知らせていますが、この情報と関係しているとはごく僅かな人たちしか思ってくれないことで厳しいお知らせになるそうです。


↓昨日知らされた読者の夢やイメージ。

【夢】


1) 《また地震雲の夢です。

先日よりももっと圧迫感があってとても怖かったです。

あれ!地震雲が出てるよ、早く高いところに逃げないとと言って逃げようとしてました。

先日は船の上から雲を見ていたのですが、今回はどこかの土地でした》  

(著者と同じ地震雲を見られた方)


2) 《九州が今よりもっと大きくて、丸っこい形であったが、周りが沈んだかで周りがなくなり少し小さくなる。

続けて見た夢では更に九州の形が変わっている》


3) 《凄い高い山の上で畑を作っているおばさんがいる。

大きなベニヤ板のような壁で、箱状に畑を区切っている。

ヤマタイコクかなと思っている》   

(後日四国の棚田がピラミッドのようだとTVで放映された)


【イメージ】


4) “大きなリューが地上から空に向かって上がっていくようなイメージが見えました”

この他小動物の異常のお知らせも良く知らされます。

先ほど窓の外でカラスが3羽賑やかに鳴くので外を見ると、大きな虹がかかっていました。

今日もきつい事をお知らせに書きましたが、ソラのものは何度も


「良く書いてくれました」

とサインをしてきて、


「私たちの気持ちです」

と虹も3時間以上3個所から連続して見せてくれました。

最後に、虹は羊蹄山の息子と呼んでいる小山を囲むように大きくなっていきました。

http://sora.ishikami.jp/image_dir/list.php?year=2003




Ads by TOK2