基本「ソラ情報」

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO3047 

胆石 | 北のイシカミ 


タカシ記

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030304112033


2003年3月4日(火)

胆石 | 北のイシカミ。

【胆石】について。


「胆汁は身体の中で一番苦い汁 (胆汁) を出します。

苦い汁を出すと嫌がるヒト (胃) がいます。

そのヒト (胃) はいつも食べ物を細かくする仕事をしています。

そのヒト (胃) が一番嫌な事は脂っこい食べ物だと言います。

何故かと言うと、脂が濃いと力いっぱい働かなくてはいけないからだと言います。

そしてその時一番苦い汁を飲まなくてはならないからです。

(胆嚢は) 苦い汁が出ないように石 (胆石) で、(胆道に) 蓋をしようとするのです。

なぜなら胃と胆嚢は中が良く、胆嚢は友達 (胃) のことを思うからです。

なぜ苦い汁を出すかと言うと、それは星たちが苦い思いをした事を思い出してもらうためです。

星たちは皆兄弟なので仲良く過ごしたいのに、お空でケンカをしました。

それを思い出して欲しいのです。

人間も仲良くしないと苦い汁を飲まなくてはならなくなります。

石を作らないためにはいつも胃さんのことを思って、大切にしてあげてください」

(低気圧で荒れている)


「良いイシカミが来てくれています」

とソラのものより言ってくる。


「私たち (アリューシャン列島?) の方にも意識を向けて欲しいからです。

私が降りて来たのは何故かと言うと、これまでの事を許して欲しいからです。

何人もの人たちを戦争などでこちら (イシキの世界) に来てもらったからです。

私達は地球に降りて、これまでとは違う地球にしようと思いました。

それまでは殺し合いばかりする動物達 (恐竜) だけでしたので、 平和な助け合いをする地球にしようと思いました。

それなのにプレアデナイなど弟や妹の星 (=名のある星座) が、 地球の人間を支配し、めちゃくちゃにしてしまったのです。

大昔の地球は太平洋と大西洋の海が、南極と北極だったのです。

そして地球中の陸地は住みやすかったのです。

けれども支配星の支配があまりにひどいので、彗星に来てもらったのです。

それで地球の気候は激変しました。

これが北のイシカミのお話でした」

(頭にサインあり) この後、急に明るくなりました。




Ads by TOK2