基本「ソラ情報」

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO3030 

兵庫県篠山(ささやま)の雲部の車塚古墳(くもべくるまづかこふん)を 作ったイシカミのイシキがTaeko Shirakiさんに会いに来た 


Taeko Shirakiさんのメール

前略

綾部への道中にあった雲部車塚古墳(くもべくるまづかこふん)です。

http://tourism.sasayama.jp/2010/09/post-13.html

内部がこのようになっているのに、ここも撮影禁止だったのですが 読者よりということで公開しました。


兵庫県立考古博物館(雲部の車塚)

http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20091129183242

篠山の雲部車塚の内部の模造。

現在、宮内庁管轄として立ち入りが禁止されていますが、内部はこのようになっています。

明治時代にこの中に入った人が真っ赤になって出てきたそうです。

左下の床?にはびっしりと刀や槍などが未使用の状態で並べてありましたが、出雲の銅剣が山に並べてあったのと似ています。

この遺跡は2004年に宮内庁の許可が出て調査したそうですが、内部はおそれ多いと開けなかったそうですが、時代錯誤もはなはだしいと思います。

歴史の謎を解くためにぜひ公開してほしいと思います。

雲部という名前にとても大きな意味があります。

(山の上の竹田城のイシジンが創ったということ、お知らせ参照)

遠く離れた石切り場で何トンもの石棺が人間の手で切られ運ばれたでしょうか?!

現在、どの石棺でも人間だけでは開けられないのでクレーンを使って蓋を開けたり、現代の業でも不能であるのに、昔の人はそれが「なぜかできた」などと逃げないで真剣に考えてほしいです。

(画像は送られてきた画像をお借りしています)

http://www.eonet.ne.jp/~mizui/kofun/kumobe1.pdf さんより

調査がなぜされないか書かれています。


千成(現在タカシ)のメール

ソラの会員の方にお聞きしたのですが、雲部の車塚を作ったイシカミのイシキがTaeko Shirakiさん たちが8月4日にソラの家でお仕事をしているところにやってきたとのこと。

そのイシキがTaeko Shirakiさんの側に来るとTaeko Shirakiさんの頭頂に 痛みがあって、「イシカミのイシキが 側まできました」と知らせたとのこと。

またTaeko Shirakiさんの近くにいた会員がイシカミのイシキがいるあたりが紫色になって見えたとのこと。

どうもTaeko Shirakiさんやソラの会員は、イシカミやミナノコたちと常に意思の疎通をしているようです。

もっと不思議なことも聞きました。

Taeko Shirakiさんやソラの会員が話していて、話の内容が正しいと、会員の身体に、チクッとした痛みがあるとのこと。

でも、ソラのものは、その痛みを与える時に、どれくらいの程度で痛みを与えたらいいのか、自分たちが感じる痛みでないので 分からなくて、たまには強烈な痛みを人間側が感じることもあるとのこと。

そういう場合は、「もっと軽くお知らせしてください」とイシカミやミナノコに言わないといけないとTaeko Shirakiさんは 言われるとのこと。

そこで、そういう痛みによるお知らせを何度も受けて、慣れてくると、 身体に痛みを与えて、お知らせする時は、指先に限定します、他の部位には痛みを作らないように」と イシカミやミナノコたちに伝えている会員もいるとのこと。

ソラの世界は奧が深くて、私が知らないことが 次から次へと出てきます。

一体いつになったらソラの世界の全貌が見えるのか・・・

奧が深いで思い出しましたが雲部の車塚古墳(くもべくるまづかこふん)には、異常とも言えるくらい多くの埋葬品があるとのこと。

その埋葬品の中には刀やヤリなどの武器も多数あって、チョイ悪のミナノコがそれらの武器になったとのこと。

ミナノコたちは原子なのですが、どうも、ヘビ使い座の悪い星のものが、ミナノコを瞞(だま)して、刀やヤリなどになるように 言ったのを、ミナノコは瞞されているとも知らずに、言われた通りに、刀やヤリなどになったとのこと。

どうもヘビ使い座のものが、地球で大変な悪さをしたようです。

ヘビ使い座のものが、何も知らない地球上の原子のミナノコに「〜になれ」と言うので、ミナノコたちは、疑いもせずに いろいろな物に変身していったようです。

人間をいじめる、ヘビやリュージンも、ミナノコがヘビ使い座のものに瞞されて変身したもののようです。

そこで、Taeko Shirakiさんやソラの会員は、リュージンを始め、地球でわるさをする存在をかたっぱしから「切り刻み」を して、原子に戻す作業をしているとか。

「切り刻み」というのは「〜のリュージンを切り刻んで完全燃焼し原子に戻した」という文言を念じることによって リュージンを形作っているミナノコがバラバラの原子になってソラに上がっていくことを言うようです。

このように「切り刻み」をすると、地球で悪さをするリュージンが消滅したことになります。

この「切り刻み」というのは悪の存在が一番恐れることのようです。

これをされると自分たちが消滅しなければならないので、ヘビ使い座のものは、それを知っていて Taeko Shirakiさんに自分たちのことを知られないように、 地球で悪さをしているのは「外宇宙のもの」であると 二枚舌を使っていたようです。

ところが、ソラのものは、「舌の模様」を壁に浮かび上がらせて知らせたりしてきたとのこと。


http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20120520220458

そこで、地球で本当の悪さをしているのは外宇宙のものではなくて、本当は 「ヘビ使い座のもの」であるということが段々あぶりだされてきたとのこと。

そして、リュージンに 瞞されてきた人々もヘビ使い座のものが切り刻まれた結果、配下となっていたリュージンの切り刻みも効果が倍増してきて多くの人々に 「悪さ」をしてきたエネルギー体が消滅したそうです。

そのおかげで、「ソラ情報」と繋がることが出来る人が増えてきたようです。

そう言えば、2005年当時は掲示板で、「ソラ情報」を攻撃していた多くの人々が、2012年8月現在では、皆無に近くなってきたとのこと。

もし、切り刻みがうまくいかなかったら、千成も、「ソラ情報」を見ても、理解できず、ペコさんから「ソラ情報」を何度も教えられても、いつまでもスルーしてしまっていたでしょう。

「悪さ」で思い出しましたが、Taeko Shirakiさんのチャネリングで知らされたことによると、

千成が山の中に避難地を作らされたのも、リュージンが企んだことだとのこと。

千成を人里離れた山の中にひっぱりこんで、人間社会との接触を断つようにさせるつもりだったとか。

人間社会と接触を断たせて、ネットの世界だけにいると一般からの情報が 入らずに、自分の好きな情報だけに特化してくるので、視野が狭くなってリュージンが千成を操りやすくなるとか。

そういうことがあるので、ソラの会員は、活動をネットだけに絞らずに常に、互いが会合を開いて 直に情報の交換をするようにしているとか。

互いが輪(ワ)になって話し合うことが一番重要で、これがヒミコが漢字を考えた時に、最初に作ったの意味だそうです。

ですから、みなが集まっているところに、今回のように車塚のイシカミのイシキがやってくると、集まった会員の中には、そのイシキを見ることもできる人もいて 「あ、あそこにイシカミがやってきている」と伝えることが出来るので、その情報を皆が共有できるとのこと。

う〜ん、これは千成にとっては大変重要な情報です。

ソラの世界を知らなかったら、今頃は膨大な避難物資の中で孤独死していたかも。

わたしがハチに刺されたのも、お知らせの一つで、もし、「ソラ情報」に繋がっていなかったら今頃は避難物資の中で孤独死していたことを、知らせてくれたとのこと。

たしかに避難地は、巨大な地下壕も作って、そこにベッドを作っていました。

問題は地下室の 特徴で、内部は涼しくて外気温度との差があるので、湿気が床にたまり結露となり、おかげでカビが発生し、二時間も地下壕の内部にいると咳が出るようになっていました。

もっとも咳の原因がカビだとははじめはわかりませんでした。

カビ対策に、夏期のカビが発生しやすい時期には、除湿の電気代だけで、5月〜8月には月額 1万5千円もかかっていました。

それだけ除湿費用をかけても、昨年などは咳が出てとまらなくなり、三ヶ月も コンコンしていました。

電気代がこんなにかかってはたまらないと思い、ネットで調べて、カビに効くものを かたっぱしから購入して試したのですが、どの製品も効果は完璧ではありませんでした。

風呂場に置いておくとカビが発生しないという銀イオンを発生するという『魔法の風呂桶』も5万円くらい大量に 仕入れて置いてあったのに、やはりかびを完璧には除去できませんでした。

アト君が、わたしの避難地からのPCのメールを半日遅れで届くように操作して知らせてくれなかったら、かびのことは無視して今でも避難地にせっせと避難物資を運び込んでいたかも。

現在撤退作業中ですが、地下壕を含め、地上施設には10名が2年間寝泊まりできるような膨大な量の避難物資があります。

地下壕の中にはベッドだけで十人分もありました。

何も知らないで、こんな無駄なことをしてきたわけです。

そういうことを含めて、ミナノコたちは私のTシャツの模様にド○○を浮き上がらせて知らせてくれていたとは!

ド○○や、ミッキーマウスや、トラや、龍の模様など、ここ2年ほどで買ったシャツに それらがプリントされているものが続々でてきました。

その他プレアデナイの大好きな紫色のシャツも3枚も出てきました。

みんなリュージンが、わたしを誘導して買わせていたものだとか。

知らないとはこういう結果になるのですね。

トホホです。

なにせ、ソラのものは、常に人間のすることを見ていて、このPC画面にも千成が何を書いているかを逐一見て知っているとのこと。

そう言えばTaeko ShirakiさんがPC画面を読んでいても、ミナノコが、 この情報はリュージン関係だから読む必要が無いと判断すると、その部分が文字化けして 知らせてくれるとか・・・

最後に地下壕で思い出しましたが、古墳なども地下壕と同じような構造になっています。

内部は湿気が多いはずです。

この湿気が多いことは、イシカミやイシジンには有利になるとのこと。

イシカミやイシジンたちは、湿気の多いところでないと固まりやすいとか。

だから、乾燥している気候のヨーロッパなどではイシカミは、建物に湿気の多い地下室を作らせたのですね。

イシカミやイシジンは固まるのを防ぐために、古墳などの湿気の多いところにいて、また身体をしょっちゅう動かしていたようです。

コロセウムの画像集 は、十戒の映画では、観客が多数はいるように階段がいっぱいありましたが、本当のコロセウムには、階段が数個しかなく、 それは、イシジンが登り下りして運動するのに使っていたとのこと。

ところが、いつまでたっても人間は真実が分からずに、十戒の映画のとおり、コロセウムの内部で格闘技が行われて、観客がそれを見ていたと信じ込んでいるので、 コロセウムを作っているイシカミの原始が、いやになってきて、コロセウムを形成する原始が結合を解いてバラバラになってくずれてきているとのこと。




Ads by TOK2