基本「ソラ情報」

良い宇宙人と悪い宇宙人



NO3008 

本当の意味 


タカシ記

「ソラ情報」です。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030204150755


2003年2月4日(火)

本当の意味。

今朝、未だ捨ててはいけないなと頭では思いながら、手は伸びてその物を捨てて いました。

イシキ (=霊) が嫌がる物ですが、必要なので使う物です。

このことはまさに、“霊が主で、体が従” になっていると思いました。


【霊主体従】 とは出口オニサブロウが言い出した? 言葉らしいですが、 今まさに、そのような次元に入りかけて来ているのではないかと思いました。

“いつでも誰でもという訳ではない” のですが、外観? だけにとらわれないで、 その中に含まれる意味を、よく考えることはとても大切と思います。

最近読者の方が妊娠されたと聞き早速、コンタクトを取ろうと思って、 “、、、さんの赤ちゃん” と話し掛けると、なんと


「赤ちゃんではありません。

山にもなれるものです。

 (=イシカミの魂を持つ霊?)」

と毅然とした言葉で言われました。

(けれども残念ながら、今回お知らせ = 爆発で知らされたように、余りに人類の目覚めが遅いので未だ時期が早いと戻られ (流産) されましたが、、)

この様に流産などはその子供さんのイシキ (霊) が生まれるのには未だ早いと、 自ら判断して戻られるのであって世間で良く言われるように、恨みを持っているという事はありません。

これ迄から何度も申しておりますが、外観はどの様な姿であれ、 イシキ (霊) は 一人前の立派な方ですので、そのことを常に頭において頂だきたいと思います。

特に弱者を対象にされる方はその見えないイシキ (霊) に向かって、対応して頂だきたいと思います。

掲示板にも書かれていましたが、最近の子供さん (特に幼児) が大人顔負け、 いいえ大人でも思いつかないような立派なことを言う、とよく聞きます。

だから早く生まれた (年上だ) から偉い、とか言うのは通じなくなっているのではないでしょうか?

もっとも遅く生まれたのは、肉体を持つのが嫌だったからと言って遅く生まれている場合もありますので、若さを自慢するのもちょっとと思われるのです。

最近特に思うのは、ソラのものやイシカミにもとっても個性があるという事です。

南のイシカミはとてもよく働く? のに対して、 北のイシカミは余り働かないと、 昨夜文句? を言って来ました。

これを 【夢】 で知らされました。


《パートの女の子 (ヨーロッパのイシカミ) が薄着で立っていて寒いので仕事が出来ないと言い、仕事をしないで早く終わることばかり考えている。

それを見て (南のイシカミは)、しっかりと防寒をして働いて欲しいと思っている》

“お知らせ役” は、南のイシカミがよく実行すると知らせたかったようです。

このようにイシカミも人間と同じで、色々な考えがあるようです。

どのように思って生きていくのも自由なのですが、願うことは地球の平和、争いの ない地球になって欲しいことが最終目的です。

【何千年と争いが続いたのはなぜか?】

【なぜ宗教が争いを起こすか?】

支配星に支配され、人類が争いばかりしているのをソラのものたちは悲しく見守っていたそうです。

同じ過ちを繰り返さないために、宗教がなぜ現れたかをソラのものは詳しく知らせてくれたのです。

きれいな言葉を並べているだけでは、決して平和は来ないのです。

失礼ながらソラのものは宗教者の言葉を、 “籠の中のカナリア” と表現します。

もちろん一生懸命平和を望まれる心優しき方ばかりと思います。

けれども、 その 【光の中に闇が隠されている】 ことを、特に指導者の方は見抜いてほしいと思います。

これ迄の争いばかりの歴史の中で、権力者が利用する為に現れた宗教を引き出して、平和を語らないでほしいと切に願います。

大昔の、無知な人たちに洗脳したのと同じように思えます。




Ads by TOK2