『ソラ情報』

Yahoo! JAPAN





NO 8072   

「500万人のエイリアンが人間の姿で地球に居住、離婚率は極めて低い」物理学者が衝撃暴露!  


タカシ記

タマちゃんの暇つぶし情報です。

https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17401.html


★人間に姿を変えた異星人が米国で暮らしています!

トカナ「500万人のエイリアンが人間の姿で地球に居住、離婚率は極めて低い」物理学者が衝撃暴露!2019.02.26より転載します。
貼り付け開始

https://tocana.jp/2019/02/post_85911_entry.html

「500万人のエイリアンが人間に姿を変えて、アメリカ国内で暮らしています」

 かつて政府機関でUFO研究に携わっていたという物理学者による驚くべき証言が存在する。その人物によれば、アメリカ国内には人間に擬態したエイリアンが多数住み着いており、人間と結婚までしているというのである。


画像は「Getty Images」より引用


■エイリアンが人間と結婚している!

 米ニュースサイト「Weekly World News」(2012年5月9日付)によると、地球上には男女のエイリアンが多数いて、そのほとんどは子供はいないものの結婚しているのだという。かつて政府機関でUFOを研究していたというジェームズ・クーン氏によると、アメリカでは普通の人がエイリアンと結婚する可能性は「五分五分」だというから驚きだ。

 クーン氏曰く、「エイリアンが地球に来る動機は不明」だという。当初、彼らにとって結婚は身分を偽装する工作の一環に過ぎなかった。だが、様々な事情により地球で人間として暮らすようになったエイリアンたちは次第に人間との間に愛情ある関係を築き始めるのだといい、最後にはパートナーと実益を兼ねた良い関係を構築するようになるという。


画像は「Weekly World News」より引用


 意外なことに、エイリアンと人間の結婚はかなりうまくいくことが多いのだそうだ。アメリカの人間同士のカップルの離婚率は50%というが、エイリアンと人間のカップルの場合はそれより遥かに低く、結婚したカップルの9割がいわゆる「7年目の倦怠期」を超えて続くのだという。

「これはエイリアンたちがその関係を続かせるため、そしておそらく彼らの本当のアイデンティティを守るために、非常に頑張っているからだと考えています」(クーン氏)


画像は「Weekly World News」より引用


 一つ気にかかるのはエイリアンのパートナーである人間が相手の正体を知っているかどうかだが、その実態については不明だ。だが、関係が長続きする傾向にあるということは、パートナーの人間にとってもエイリアンは“都合のいい相手”なのかもしれない。エイリアンと人間の“草の根交流”は我々の知らぬうちに進んでいるようだ。

(編集部)

参考:「Weekly World News」ほか

貼り付け終わり、



>政府機関でUFO研究に携わっていたという物理学者
・という割には科学的根拠が提示されてない記事ですねw

*元記事Weekly World News:2012年の記事ですね! ↓
http://weeklyworldnews.com/aliens/47794/your-spouse-may-be-an-alien/
YOUR SPOUSE MAY BE AN ALIEN!
By Frank Lake on May 9, 2012



・世界の雛型であるという日本にはいないのでしょうか?
 あれば楽しい(=・ω・=)にゃ〜?







関連記事



Mail→takashi@bb-unext01.jp


Ads by TOK2